市場ニュース

戻る
2016年11月14日13時10分

【材料】長谷川香料が急反発、前期経常が一転増益で上振れ着地・今期は13%増益へ

長谷川香料 【日足】
多機能チャートへ
長谷川香料 【日中足】
 11日、長谷川香料 <4958> が決算を発表。16年9月期の連結経常利益は前の期比6.4%増の51.6億円と、従来予想の46.4億円を上回り、減益予想から一転して増益で着地。続く17年9月期も前期比12.9%増の58.3億円に伸びる見通しとなったことが買い材料。

 前期は国内や米国向け食品香料の販売が好調だったほか、原価低減や販管費の減少が寄与し増益を確保した。今期は国内シェア拡大や、アジア・米国の業績拡大で、3期連続の増収を見込む。

 業績好調に伴い、前期の年間配当を30円→32円(前の期は30円)に増額し、今期も32円を継続する方針としたことも支援材料。株価は年初来高値を更新した。

株探ニュース
【関連記事・情報】

日経平均