市場ニュース

戻る
2016年11月14日10時43分

【材料】任天堂が急反発でもみ合い上放れの兆し、「Wii U」の生産停止で次世代ゲーム機に関心高まる

任天堂 <日足> 「株探」多機能チャートより
 任天堂<7974>が急反発、2万4000円近辺でのもみ合いを経て上値指向を見せ始めた。外国為替市場で1ドル=107円台半ばへの円高が進行、これが輸出比率7割を超える同社の収益に追い風要因として受け止められている。また、同社は据え置き型ゲーム機「Wii U」の生産を近日中に終了する方針を表明する一方で3月に携帯型ゲームへの展開もできる次世代ゲーム機「ニンテンドー スイッチ」を投入予定にあり、市場の関心が高まっている。家庭用ゲーム機ではニンテンドークラシックミニへの引き合い絶好調で、これも株高期待につながっている。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

最終更新日:2016年11月14日 10時55分

【関連記事・情報】

日経平均