市場ニュース

戻る
2016年11月09日15時15分

【材料】ビジョン---3Q決算は増収増益、グローバルWiFi事業が大幅な増収・増益をけん引

ビジョン <日足> 「株探」多機能チャートより

ビジョン<9416>は9日、2017年12月期の第3四半期累計期間の連結決算を発表。売上高で前年同期比19.9%増の110.35億円、営業利益で同59.0%増の10.75億円、経常利益で同43.7%増の10.45億円、親会社株主に帰属する四半期純利益で同29.9%増の6.83億円と増収・大幅な増益となった。

第3四半期(7-9月期)の訪日外国人旅行者数が過去最高の626万人となり、特に7月は229万人と単月として過去最高を記録した。事業環境の追い風を受けて、グローバルWiFi事業については、「NINJA WiFi(R)」の拡販、オプションサービスの提供等が寄与し、セグメント売上高は58.08億円(前年同期比31.0%増)、セグメント利益は8.94億円(同86.7%増)と、情報通信サービス事業セグメント売上高52.17億円(同9.4%増)、セグメント利益8.05億円(同16.8%増)を上回り、全体の増収・増益をけん引した。

通期の業績予想については、売上高で前期比16.7%増の145.64億円、営業利益で同49.4%増の12.02億円、経常利益で同43.4%増の11.58億円、親会社株主に帰属する当期純利益で同28.0%増の7.49億円と9月27日上方修正している。

《TN》

 提供:フィスコ
【関連記事・情報】

日経平均