市場ニュース

戻る
2016年11月07日09時28分

【市況】日経平均は220円高でスタート、トランプ・リスクが後退、スズキは急反発/寄り付き概況

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均 : 17126.03 (+220.67)
TOPIX  : 1363.89 (+16.85)

[寄り付き概況]
 日経平均は大幅に反発して始まった。市場の最大の関心事は大統領選となるなか、ヒラリー氏のメールをめぐる問題で、捜査を再開したFBIは、新たに見つかったメールを調べたものの、訴追を求めないとするこれまでの結論に変わりはないことを明らかにしたと報じられている。市場はトランプ・リスクが後退したとの見方から、先週の下げに対する自律反発が意識されている。4日に17年3月期の業績見通しを上方修正したスズキ<7269>は急反発。セクターでは水産農林を除いて上昇しており、保険、海運、輸送用機器など先週下げのきつかったセクターがリバウンドをみせている。

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均