市場ニュース

戻る
2016年11月02日11時18分

【材料】住友商は朝安後反発、中間決算は「ポジティブ」との見方も

住友商 <日足> 「株探」多機能チャートより
 住友商事<8053>は朝安後、反発。1日に発表された第2四半期(4~9月)の連結純利益は前年同期比49%減の657億8000万円だった。資源部門や鋼管事業が赤字となったことなどが響いた。ただ、三菱UFJモルガン・スタンレー証券は1日、同証券予想の580億円を上回ったとして、決算内容は「ポジティブ」と評価した。自動車やメディアなどが堅調だったほか、ボリビアのサンクリストバル鉱山の銀、亜鉛、鉛の生産が好調なことなどを前向きにみている。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均