市場ニュース

戻る
2016年11月01日10時56分

【材料】ポーラオルHDが急落、第3四半期営業利益の伸び率が鈍化

ポーラHD <日足> 「株探」多機能チャートより
 ポーラ・オルビスホールディングス<4927>が急落。10月31日取引終了後、16年12月期第3四半期累計(1~9月)の連結決算を発表。売上高は1591億5000万円(前年同期比4.4%増)、営業利益は183億1000万円(同20.1%増)と、2ケタ営業増益だったが、第3四半期単体の営業利益は同2.5%増の61億6000万円と、1ケタ台の伸びにとどまったことから成長鈍化を嫌気した売りに押されている。

 基幹ブランド「ポーラ」が想定以上に好調だったことに加え、「THREE」や「decencia」といった育成ブランドの成長が加速し業績を牽引した。なお、通期業績予想は従来見通しを据え置き、売上高2230億円(前期比3.8%増)、営業利益260億円(同15.5%増)を見込んでいる。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均