市場ニュース

戻る
2016年11月01日09時39分

【材料】きんでんが急反発、採算性向上で第2四半期業績が上振れ着地

きんでん <日足> 「株探」多機能チャートより
 きんでん<1944>が急反発している。同社は10月31日取引終了後に、17年3月期第2四半期累計(4~9月)の連結決算を発表。営業利益は103億6700万円(前年同期比0.1%減)となり、従来計画の75億円から上振れ着地した。

 売上高は2012億4200万円(同2.0%減)で、従来計画の2000億円を超過。工事採算性の向上で完成工事総利益が増加したことが営業利益を押し上げた。なお、通期業績予想は従来計画を据え置いている。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均