市場ニュース

戻る
2016年10月26日10時02分

【材料】マンダムが反落、9月中間期業績は計画上振れも材料出尽くし感強まる

マンダム <日足> 「株探」多機能チャートより
 マンダム<4917>が反落。25日の取引終了後、集計中の第2四半期累計(4~9月)連結業績について、売上高が従来予想の416億円から423億円(前年同期比0.9%増)へ、営業利益が44億円から56億円(同4.6%増)へ、純利益が29億円から40億円(同33.5%減)へ上振れたようだと発表したが、業績上振れは想定内であり、目先の材料出尽くし感からいったん利益を確定する動きとなっている。

 業績上振れは、国内の女性コスメティック事業が好調を維持し、また国内外の男性グルーミング事業が堅調に推移したことなどが要因。また、海外におけるマーケティング費用の発生が第3四半期以降にずれ込んだ影響なども利益押し上げに寄与した。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均