市場ニュース

戻る
2016年10月07日09時40分

【材料】省電舎がストップ高カイ、省エネ関連設備のエールケンフォーを子会社化

省電舎HD 【日足】
多機能チャートへ
省電舎HD 【日中足】
 省電舎 <1711> [東証2]がストップ高買い気配。6日、同社がエールを株式交換で完全子会社化し、子会社エールケンフォーを連結子会社化すると発表したことが買い材料視された。

 エールケンフォーは同社創業者の中村健治氏が設立した会社で、独特な太陽光発電関連と省エネルギー設備の開発・販売を手掛けている。エールケンフォーは16年8月期に売上高17.6億円、経常利益2.1億円を見込む。

 発表を受けて、エールケンフォーの業績上積みによる通期計画の上振れを期待する買いが殺到した。なお、同社は17年3月期の連結経常利益を前期比50.7%減の3500万円と大幅減益を見込んでいる。株価は100円ストップ高の639円買い気配。

株探ニュース
【関連記事・情報】

日経平均