市場ニュース

戻る
2016年09月14日10時12分

【材料】ツルハHDが反落、第1四半期12.9%営業増益も目先的な売りに押される

ツルハHD <日足> 「株探」多機能チャートより
 ツルハホールディングス<3391>が反落。同社は13日の取引終了後、17年5月期の第1四半期(5月16日~8月15日)連結決算を発表。売上高は1472億8000万円(前年同期比19.6%増)、営業利益は97億2400万円(同12.9%増)、純利益は64億9500万円(同11.7%増)だった。2ケタの増収増益を達成したが前日に上昇していたこともあり目先的な売りに押されている。顧客ニーズに対応する高付加価値商品のカウンセリング販売に注力したほか、プライベートブランド商品の積極的な展開や食品の導入により利便性の強化を図るため既存店舗の改装などを行っている。

 通期業績は売上高5830億円(前期比10.5%増)、営業利益371億円(同18.4%増)、純利益234億6000万円(同21.4%増)と従来見通しを据え置いた。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均