市場ニュース

戻る
2016年09月13日10時05分

【材料】扶桑化学は3日続落、配当予想引き上げも株主優待制度の廃止を嫌気

扶桑化学 <日足> 「株探」多機能チャートより
 扶桑化学工業<4368>は3日続落。同社は12日の取引終了後、株主優待制度の廃止と配当予想の引き上げを発表した。配当金による利益還元を充実させることが目的で、第2四半期末と3月期末配当をそれぞれ従来予想の15円から18円(第2四半期末の前年同期は10円、期末の前年同期は普通配当15円と記念配当10円配当を合わせた25円)へ引き上げ年間配当は36円になる。100株以上保有の株主に対して贈呈していた自社グループ会社商品の株主優待が廃止になることが嫌気されているようだ。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均