市場ニュース

戻る
2016年09月07日15時38分

【材料】ザインの高速画像処理LSIがシャープ製ネットワークカメラに採用される

ザイン <日足> 「株探」多機能チャートより
 ザインエレクトロニクス<6769>がこの日の取引終了後、高速画像処理用LSIであるISP(Image Signal Processor)製品「THP7312」が、シャープ<6753>の4K3Kの高解像度と高感度撮影に対応したネットワークカメラ「QG-B20C」に採用されたと発表した。

 同社のISP製品「THP7312」は1600万画素の高解像度画像処理に対応。その高速性能や画像処理能力により、これまでに先進運転支援システム(ADAS)機能を持つドライブレコーダでの採用のほか、国内や海外のスマートフォン端末で採用されるなどの実績を持っている。なお、同製品を搭載したシャープ製のネットワークカメラは、1200万画素CMOSイメージセンサーにより4K3K(4064×3048ピクセル/最大15fps)の高解像度と高感度撮影を実現し、高精細な映像で全方位を監視することが可能としている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均