市場ニュース

戻る
2016年09月07日09時16分

【材料】アクロデアが3日ぶり反発、「インターホンIoTシステム」と「Pepper」との連携を検討へ

アクロディア <日足> 「株探」多機能チャートより
 アクロディア<3823>が3日ぶりに反発している。6日の取引終了後、ソフトバンクロボティクス(東京都港区)が提供する人型ロボット「Pepper」と、アクロディアの「インターホンIoTシステム」を連携した、集合住宅向けの新たなサービスの提供について検討を開始したと発表しており、これを好感した買いが入っている。

 新サービスは、「インターホンIoTシステム」を導入した集合住宅において、「Pepper」がインターホンIoTシステムに連携することで、居住者の生活をサポートするというもの。Pepperを通じた、来訪者のインターホン応答や解錠などに加えて、未登録の訪問者がいたら通知する防犯機能や、来訪者や帰宅者の通知、地域・天気・交通など公共情報の提供、さらにタクシーの手配などの各種手配など利便性の高いサービスを創出していくとしている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均