市場ニュース

戻る
2016年09月05日13時48分

【材料】ブラザーは大幅反発、欧州大手証券がプリンター事業の営業利益率改善を評価し投資判断引き上げ

ブラザー <日足> 「株探」多機能チャートより
 ブラザー工業<6448>が大幅反発し年初来高値を更新している。ドイツ証券が4日付で、投資判断を「ホールド」から「バイ」とし、目標株価を1200円から2000円へ引き上げたことが好材料視されている。

 同証券によると、これまで同社は最大手のHPに追いつこうと積極的な拡販でMIF(市場稼働機)を拡大し、将来の消耗品収入へつなげる戦略をとってきたが、足もとではHPも過度に積極的な販促施策を見直しつつあり、同社も市場の低成長を意識して経費を抑制し始めていると指摘。この戦略転換で、HPのプリンター事業営業利益率における格差が埋まっていくとみている。第1四半期決算後に株価は上昇したが、利益率改善を完全には織り込んでいないとして、投資判断を引き上げたとしている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均