市場ニュース

戻る
2016年08月30日11時49分

【材料】◎30日前場の主要ヘッドライン

JPX日経400 <日足> 「株探」多機能チャートより
・UACJなど非鉄株が業種別値上がりトップに、円高と景気減速懸念後退で見直し機運
・JPX日経400見直しのリバランス、きょう引けにかけ発生
・村田製や太陽誘電など電子部品の一角が堅調、来月7日に米アップルの発表会で思惑
・信越化が3連騰、半導体と塩ビ需要いずれも追い風局面に
・カルナバイオに買い注文殺到、大腸がん治療の新規化合物創出で連続S高気配
・タカトリがS高カイ気配、医療機器の製造販売承認取得を引き続き材料視
・LINEの動き一変、タイムライン広告が成長エンジンに
・生化学が大幅反発、腰椎椎間板ヘルニア治療剤の海外ライセンス契約を締結
・丸山製が動意、クボタが参入する農業用ドローンの一部設計・試作を担当
・ダブル・スコープが続伸、EV向けリチウム電池成長見込みリバウンド局面入り
・群馬銀が一時5%高と続急伸、自社株買い発表を好感

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均