市場ニュース

戻る
2016年08月26日11時27分

【材料】ファミリーマートは続落、下請法違反の公取委勧告嫌気 引けかけ日経平均リバランスも

ファミリーM <日足> 「株探」多機能チャートより
 ファミリーマート<8028>は続落。公正取引委員会が25日、下請業者に支払う代金を不当に減額したとして、同社に対して下請け法違反で減額分の返還や再発防止を勧告したことを嫌気する売りが膨らんでいる。

 また同社株は、ユニーグループ・ホールディングス<8270>との9月の経営統合に向け、ユニーグループが日経平均採用銘柄から削除される一方、存続会社の同社が29日から新規採用されることを好材料視し株価は急伸してきた。その日経平均入れ替えに伴うリバランス需要は、この日の引けにかけ発生する見込みであり動向が注目されている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均