市場ニュース

戻る
2016年08月22日09時58分

【材料】ゼニス羽田が大商いで続伸、無電柱化をテーマに需給相場再燃

ゼニス羽田 <日足> 「株探」多機能チャートより
 ゼニス羽田ホールディングス<5289>が続伸。前週末にマドを開けて急動意したが、きょうも引き続き上値を見込んだ短期資金の流入が続いている。売買代金が急増しており需給相場の色彩を再び強めている。

 政府が経済対策の一環として無電柱化などを進捗させるインフラ投資を打ち出しているほか、小池百合子新都知事も国会議員時代から無電柱化投資に前向きな姿勢を示している。そのなか、同社はマンホールなど下水道関連製品を展開、道路下に設置されるスロープホール(電線共同溝)も手掛けていることから、政策発動に伴い収益機会が高まるとの思惑が物色人気の背景にある。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均