市場ニュース

戻る
2016年08月19日10時01分

【材料】豊田通商が反発、カナダの燃料電池大手バラード社と国内市場での販売契約を締結

豊田通商 <日足> 「株探」多機能チャートより
 豊田通商<8015>が反発。18日付でカナダの燃料電池開発・製造大手であるバラード社と日本国内市場での販売契約を締結したことを発表した。

 バラード社は燃料電池の開発・製造における世界的先駆者企業で、自動車向けに限らず、自動車以外の駆動用やバックアップ用など幅広い用途の製品を有し、特に中小型燃料電池の技術力を強みとしている。今回の販売契約により、すでに需要のある携帯電話用基地局の非常用電源として使用される定置用燃料電池の販売を行うとともに、運輸分野(バス、トラックなどの商用車や鉄道、船舶など)での新たな活用に向けた開発・販売を推進していく。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均