市場ニュース

戻る
2016年08月18日14時38分

【材料】任天堂はじめポケモン関連が再動意、テーマ買い再燃も手掛かり材料難の地合い映す

任天堂 <日足> 「株探」多機能チャートより
 任天堂<7974>が続伸したほか、ポケモンGO関連として買われた銘柄群に改めて物色資金が向かっている。全般株式市場は円高が重荷となって再度下値を模索する動き。決算発表通過に伴い手掛かり材料に事欠く環境にあるうえ、夏休み期間で市場参加者不足ということも手伝い、局地的なテーマ買いの動きが目立つ。

 そのなか「前日にポケモンGOのギネス世界記録を好感して人気化した余韻が、任天堂をはじめ関連株の集中物色の動きにつながっている」(国内準大手証券)という。ポケモンGOの国内配信決定を待って買われた感のあるHamee<3134>やアイ・オー・データ機器<6916>など充電器関連や、「ポケモンGOプラス」の製造絡みで人気化したミツミ電機<6767>やホシデン<6804>など、比較的相場の新しい銘柄に物色人気が集まる傾向がみられる。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均