市場ニュース

戻る
2016年08月17日12時45分

【材料】プロシップが後場急伸、1対2株の株式分割と株主優待制度導入を好感

プロシップ <日足> 「株探」多機能チャートより
 プロシップ<3763>が後場に入り上げ幅を拡大している。前引け後に、9月30日を基準日として1対2株の株式分割を実施すると発表しており、これを好感した買いが入っている。投資単位当たりの金額を引き下げることで、より投資しやすい環境を整え、投資家層の拡大と株式の流動性の向上を図ることが目的。なお、効力発生日は10月1日。

 また同時に、17年3月末時点の株主から、株主優待制度を導入すると発表したことも好材料視されているようだ。3月末時点の1単元(100株)以上保有の株主に対して、保有株数が100株以上500株未満でクオカード1000円分、500株以上で同2000円分を贈呈するとしている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均