市場ニュース

戻る
2016年08月17日11時01分

【材料】協エクシオが大幅反発、国内大手証券が1Q決算をポジティブと評価

協エクシオ 【日足】
多機能チャートへ
協エクシオ 【日中足】

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が16日付のリポートで、協和エクシオ <1951> の17年3月期第1四半期の営業利益は前年同期比21.7%増とポジティブな印象と報告したことが買い材料視された。

 コムシスホールディングス <1721> 、ミライト・ホールディングス <1417> 、NECネッツエスアイ <1973> など通信建設会社が軒並み減益決算となる中、唯一の増益を達成したことを評価。同証券では、マージン悪化を増収効果と販管費削減でカバーしたと分析。また、受注面ではドコモ向けが復調傾向を示していると指摘している。

 なお、1Q決算を受けて、目標株価は1270円→1280円に増額するが、投資判断は「アンダーウエイト(弱気)」を据え置いた。

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均