市場ニュース

戻る
2016年08月15日10時02分

【材料】オプティムは一時S高、第1四半期は8割超の営業増益で着地

オプティム <日足> 「株探」多機能チャートより
 オプティム<3694>は続急伸し、一時、ストップ高の4865円まで買われている。前週末12日の取引終了後に発表した第1四半期(4~6月)単独決算で、売上高7億9800万円(前年同期比35.6%増)、営業利益2億1200万円(同84.9%増)、純利益1億3500万円(同91.5%増)と8割を超える営業増益となったことが好感されている。

 法人向けスマートフォン・タブレット市場の拡大を背景に、IoTプラットフォームサービス事業で、「Optimal Biz」が引き続きライセンス数を伸ばしていることが業績を牽引。また、「パソコンソフト使い放題」「ビジネスソフト使い放題」ともに、既存の販売パートナーでの販売が堅調なことや、「タブレット使い放題・スマホ使い放題(タブホ)」で新たな販売パートナーを獲得したことなども寄与した。

 なお、17年3月期通期業績予想は、売上高32億円(前期比22.1%増)、営業利益6億4000万円(同18.9%増)、純利益4億3400万円(同50.0%増)の従来予想を据え置いている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均