市場ニュース

戻る
2016年08月12日09時06分

【材料】国際帝石などエネルギー関連に買い集まる、WTI原油が1ドル78セント高と急伸

国際石開帝石 <日足> 「株探」多機能チャートより
 国際石油開発帝石<1605>、石油資源開発<1662>など資源開発関連やNEXT NOTES 日経・TOCOM 原油ダブル・ブルETN<2038>など原油市況動向とリンクするETNなどが買い優勢で始まった。

 足もと原油市況が上昇しており、これが追い風材料となっている。11日終値ベースでWTI原油先物価格は1ドル78セント高と急伸、1バレル=43ドル49セントと7月22日以来の水準まで戻しており、これを受けて前日の米国株市場ではシェブロンなどエネルギーセクターが買われ全体相場の上昇に貢献した。この流れが東京市場にも波及するかたちで、資源関連に物色資金が流入している。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均