市場ニュース

戻る
2016年08月08日12時21分

【材料】ユニリタ---1Q営業利益57.1%増、データ活用事業が黒字転換

ユニリタ <日足> 「株探」多機能チャートより

ユニリタ<3800>は4日、2017年3月期第1四半期(16年4-6月)決算を発表。売上高が前年同期比2.1%増の16.55億円、営業利益が同57.1%増の3.12億円、経常利益が同34.9%増の3.93億円、四半期純利益が同9.7%増の2.78億円で着地した。

セグメント別では、データ活用事業の売上高は前年同期比10.1%増の5.19億円、営業利益は0.24億円(前年同期は0.89億円の損失)。自社ETL製品の「Waha! Transformer(ワッハー トランスフォーマー)」や自社BI製品が伸長した。

システム運用事業の売上高は前年同期比2.4%増の4.67億円、営業損失は1.41億円(前年同期は1.22億円の損失)。運用自動化分野では既存顧客から継続案件を受注したが、技術支援サービスや新規開拓で課題を残した。

メインフレーム事業の売上高は前年同期比1.1%減の5.28億円、営業利益は同6.5%増の4.07億円。既存顧客のシステム更改案件への取組みが奏功した。その他事業の売上高は前年同期比11.8%減の1.40億円、営業利益は同21.4%減の0.22億円となった。

17年3月期通期については、売上高が前期比13.9%増の82.00億円、営業利益が同16.2%増の17.80億円、経常利益が同13.7%増の18.60億円、当期純利益が同11.6%減の12.75億円とする期初計画を据え置いている。

《TN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均