市場ニュース

戻る
2016年08月08日09時13分

【材料】パイオニアに大口資金流入、第1四半期営業利益5.4倍を評価

パイオニア 【日足】
多機能チャートへ
パイオニア 【日中足】

 パイオニア<6773>に大口の資金が流入、大幅高で200円台を回復。同社が5日取引終了後に発表した17年3月期第1四半期(4~6月)の連結決算は、売上高953億2900万円(前年同期比12.6%減)、営業利益3億7600万円(同5.4倍)、最終損益12億7100万円の黒字(前年同期25億1400万円の赤字)だった。円高進行の影響で売上高は目減りしたものの、原価低減効果により電子部品などの採算が向上し損益改善に反映された。また事業の海外シフト進捗に伴い、同社の場合、円高は利益面では追い風となる点も強みとなっている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均