市場ニュース

戻る
2016年08月05日11時05分

【材料】西尾レントオールが経済対策期待で急反発、第3四半期営業6%減益もアク抜け切り返しへ

西尾レント <日足> 「株探」多機能チャートより
 西尾レントオール<9699>が6日ぶり急反発。同社は建機レンタルを主力としており、経済対策による建設セクターへの追い風は同社にも及ぶ。

 4日取引終了後に16年9月期第3四半期累計(15年10月~16年6月)の連結決算を発表したが、売上高は870億円(前年同期比3.5%増)、営業利益は95億5800万円(同6.1%減)、最終利益は56億2200万円(同7.9%減)だった。しかし、通期予想に対する進捗率は営業利益段階で約80%に達しており、買い安心感につながった。トンネル工事で使われるコンクリート吹き付け機械が受注高水準で、財政投融資活用で大阪延伸工事の大幅前倒しが計画されているリニア中央新幹線の関連株の一角としても注目される。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均