市場ニュース

戻る
2016年08月03日15時23分

【為替】東京為替:豪ドルは買い一服、中国の弱い経済指標を意識

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより

 米連邦準備制度理事会(FRB)の早期利上げ観測後退を背景に、豪ドルは対米ドルでは昼にかけて0.7614ドルまで値を上げたが、足元では0.7590ドル付近で推移。10時45分に発表された中国の7月財新サービス業PMIは51.7と、6月の52.7から悪化。このため、中国との交易関係が深いオーストラリアの通貨豪ドルは上値が重い展開となっている。


 ここまでのドル・円は100円75銭から101円35銭、ユーロ・ドルは1.1207ドルから1.1227ドル、ユーロ・円は112円98から113円64銭で推移した。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均