市場ニュース

戻る
2016年08月03日09時07分

【材料】ファーストリテが反発、客数プラスに転じ7月国内ユニクロ既存店売上高18%増

ファストリ 【日足】
多機能チャートへ
ファストリ 【日中足】

 ファーストリテイリング<9983>が反発。2日の取引終了後に発表した7月の国内ユニクロ売上高速報で、既存店売上高が前年同月比18.1%増と4カ月連続で前年実績を上回り、今期に入り最も高い伸びとなったことが好感されている。

 7月は前半に気温が高く推移したことで、「エアリズム」など夏物コア商品の販売が好調だった。また、客数が同8.1%増と1月以来6カ月ぶりにプラスに転じ、客単価も高単価商品の伸長や新商品の寄与で9.2%増と伸長したことが大幅増収につながったとしている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均