市場ニュース

戻る
2016年08月03日07時13分

【為替】NY為替:日米金利差の縮小を意識して円高加速

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより

2日のニューヨーク外為市場でドル・円は、101円69銭から100円68銭まで下落し、100円89銭で引けた。日本政府が経済対策を閣議決定後、日米の金利差縮小や原油先物、欧米株の下落を意識して、リスク回避のドル売り、円買いが加速した。

ユーロ・ドルは、1.1187ドルから1.1234ドルへ上昇し、1.1225ドルで引けた。ユーロ圏・6月生産者物価指数が予想を上回ったことや米年内利上げ観測の後退でユーロ買い・ドル売りが優勢となった。ユーロ・円は、リスク回避の円買いによって113円84銭から113円01銭へ下落。

ポンド・ドルは、1.3245ドルから1.3366ドルへ上昇した。英国の7月建設業PMIが予想を上回ったため、利下げ観測が後退し、ポンドの買戻しが加速。

ドル・スイスは、0.9667フランから0.9634フランへ下落した。

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均