市場ニュース

戻る
2016年08月02日09時57分

【材料】セ硝子が4日続落、第1四半期8.7%営業減益を嫌気

セ硝子 <日足> 「株探」多機能チャートより
 セントラル硝子<4044>が4日続落、年初来安値を更新した。同社は1日の取引終了後、17年3月期の第1四半期(4~6月)連結決算を発表。売上高は549億2800万円(前年同期比2.3%減)、営業利益は29億1300万円(同8.7%減)、純利益は21億9500万円(同15.2%減)と減収減益となったことを嫌気している。電子材料用ガラスは、タッチパネル用関連製品が減少、化成品事業では医薬品関連や半導体用途の特殊ガス関連製品などが為替の影響を受けている。

 通期業績は売上高2270億円(前期比3.6%減)、営業利益130億円(同6.8%減)、純利益100億円(同0.5%減)と従来見通しを据え置いた。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均