市場ニュース

戻る
2016年08月01日09時38分

【材料】新都知事効果で東特電線、沖電線など電線株が再動意、ゼニス羽田も昨年6月以来の高値圏

東特線 <日足> 「株探」多機能チャートより
 東京特殊電線<5807>が急伸したほか、タツタ電線<5809>、沖電線<5815>など電線株に買いが集中、雨水向けなどを中心としたコンクリート2次製品を手掛けるゼニス羽田ホールディングス<5289>も急伸し昨年6月以来の高値に買われるなど電線地中化をテーマとする銘柄が大幅高。

 都知事選は小池百合子氏が大勝を果たし、氏が無電柱化を推進する考えを示していることから、改めて投機資金の食指を動かしている。東特電線は前週末29日に発表した16年4~6月期決算で営業利益が前年同期比2.1倍に拡大したことも買い人気を助長する格好となった。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均