市場ニュース

戻る
2016年07月29日09時27分

【材料】ソニーが反発、村田製に電池事業を売却すると発表

ソニー <日足> 「株探」多機能チャートより
 ソニー<6758>が反発。28日の取引終了後、電池事業を村田製作所<6981>に売却すると発表しており、不採算事業の切り離しによる業績改善への期待感から買いが入っている。

 売却される具体的範囲は今後の精査が必要としているが、100%子会社ソニーエナジー・デバイスが営んでいる電池事業や、電池事業に関して中国及びシンガポールに有する製造拠点、ならびに国内外に有する販売拠点と研究開発拠点のうち電池事業に関連する資産や人員が売却の対象となる予定。一方、現在ソニーブランドで展開しているUSBポータブル電源やアルカリ乾電池、ボタン・コイン電池、モバイルプロジェクターなどの一般消費者向け販売事業に関しては対象としない予定だという。

 なお、売却先の村田製は、28日の取引終了後に発表した第1四半期(4~6月)決算で、営業利益が前年同期比23.9%減の486億9500万円と4年ぶりの減益となったことから、株価は反落している。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均