市場ニュース

戻る
2016年07月28日11時27分

【材料】富士通ゼ、有力処は海外市場向けを中心とする成長戦略を具体的に示せるかが鍵になると指摘

富士通ゼ <日足> 「株探」多機能チャートより
 富士通ゼネラル<6755>が続落。25日移動平均線が下値サポート、5日移動平均線が上値抵抗の格好で推移している。

 いちよし経済研究所では、円高影響やコストダウン効果により空調機事業の収益性改善が著しいと指摘。今後は、海外市場向けを中心とする成長戦略を具体的に示せるかが鍵になるとみて、レーティング「B」を継続。フェアバリューを2300円から2400円に引き上げている。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均