市場ニュース

戻る
2016年07月27日09時17分

【材料】LINE、任天堂、三井住友など◆今日のフィスコ注目銘柄◆

任天堂 <日足> 「株探」多機能チャートより

任天堂<7974>

21000円処での底堅さが意識されるが、決算発表を控えていることもあり、上値追いは慎重になりそうである。ボリンジャーバンドでは+1σと中心値(25日)とのレンジ推移を想定。戻り売り、押し目拾いのスタンスといったところである。一目均衡表では基準線を挟んでの推移となる。


三井住友<8316>

足元で25日線を支持線にもち合いが続いているが、決算を控えるなか、支持線を割り込んでくる可能性もありそうだ。一目均衡表では切り下がる雲下限に上値を抑えられる格好となっている。遅行スパンは下方シグナルを発生させつつある。


アルプス電<6770>

リバウンド一巡後は25日線での底堅い値動きをみせていたが、前日の下げで支持線を割り込んでいる。一目均衡表では転換線、基準線、雲下限を割り込んでいる。ただし、雲下限が1973円辺りで横ばい推移しているが、来週以降は切り上がりをみせてくるため、これに沿ったリバウンドも意識されやすい。


LINE<3938>

自律反発の展開を想定する。対話アプリ「LINE」を展開。2016年最大級のIPOとして注目され、初値は公開価格を48.5%上回る4900円となった。その後は節目の5000円を高値に、初値が想定以上に伸長した反動で調整基調が続いている。また、「ポケモンGO」の爆発的な人気により、スマホゲーム事業を手掛ける同社への業績圧迫への懸念なども売りを誘った格好。ただし、「ポケモンGO」の日本配信により、いったんは材料出尽くしが意識されやすいほか、調整が続いていた同社へは値ごろ感からの資金シフトが期待される。

《WA》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均