市場ニュース

戻る
2016年07月26日11時54分

【材料】◎26日前場の主要ヘッドライン

n 【日足】
多機能チャートへ
n 【日中足】

・野村、大和証Gはじめ証券株が値下がりトップに売られる、相場の地合い悪化で反動売りの対象に
・ゼニス羽田が続伸、電線地中化関連で投機資金攻勢続く
・竹内製作が売られる、急速な円高進行を嫌気
・大垣銀が続伸、第2四半期経常利益を136億円へ上方修正
・任天堂は続落も下値に大口買い、関連銘柄ではホシデンなどが急反騰
・信越ポリマが3連騰、半導体関連容器の出荷好調で第1四半期営業利益2.2倍
・ソフトバンクグループが急反発、米スプリントの売り上げが予想上回る
・フォーサイドがS高、中国「新浪」「微博」の広告販売代理店事業を開始へ
・さくらインターネットが大幅高で6連騰、第1四半期業績受け6月中旬以来の4ケタ大台回復
・メルコが急反発、第1四半期は12.7%営業増益、自社株取得枠設定も好感
・国際帝石、JXなど安い、WTI原油価格が一時3カ月ぶりの43ドル台割れ

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均