市場ニュース

戻る
2016年07月26日11時07分

【材料】ふくおかFG、国内大手証券はファンダメンタルズ面での優位性は高いとみて株価出遅れ修正を予想

ふくおかFG <日足> 「株探」多機能チャートより
 ふくおかフィナンシャルグループ<8354>は買い気配で始まったものの、買い一巡後に値を崩す展開。現在は前日の終値近辺で推移している。

 みずほ証券では、資金需要が相対的に強い九州全域で貸出を増強しているほか、収益性の高い消費性ローンへの取り組み強化に伴うアセットミックス改善効果により、貸出金利息の反転が見込まれると指摘。店舗削減などを通じたコストシナジーの発現が期待できるとみる中、ファンダメンタルズ面での優位性は高いと評価し、今後の株価出遅れ修正を予想。

 レーティング「買い」、目標株価430円でカバレッジを開始している。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均