市場ニュース

戻る
2016年07月25日14時13分

【材料】PSSが一時S高、NEDOの「植物等の生物を用いた高機能品生産技術の開発」委託先に採択

PSS <日足> 「株探」多機能チャートより
 プレシジョン・システム・サイエンス<7707>が一時ストップ高の573円まで買われている。22日に、NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)の「植物等の生物を用いた高機能品生産技術の開発」プロジェクトの委託先として採択されたと発表しており、これを好材料視した買いが入っている。

 同プロジェクトは、海外技術に依存しない国産のゲノム編集技術や最新のIT/AI技術を駆使し、植物や微生物から試薬、香料、化粧品、プラスチックなどの工業材料を生産する革新的バイオテクノロジーを開発するのが狙い。植物や微生物の細胞が持つ物質生産能力を最大限に引き出した「スマートセル」を作り出し、従来、合成法では生産が難しい有用物質の創製や、生産プロセスの低コスト化・省エネ化実現を目指すとしている。

 そのうち、同社は「高生産性微生物創製に資する情報解析システムの開発」(委託事業)を担当。委託先としてはほかに、味の素<2802>、江崎グリコ<2206>、JSR<4185>、島津製作所<7701>、長瀬産業<8012>、不二製油グループ本社<2607>なども採択されている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均