市場ニュース

戻る
2016年07月25日10時18分

【材料】日経平均株価は一目均衡表の雲の上限が下値サポートライン、1万7613円を試す展開へ

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより
 週明けの日経平均株価は反発、1万6778円まで買われる場面があった。個別では任天堂<7974>が大幅安、サノヤスホールディングス<7022>、イマジカ・ロボット ホールディングス<6879>はストップ安となっている。

 三菱UFJモルガン。スタンレー証券では、日経平均の下値サポートラインとして一目均衡表の雲の上限(1万6504円)、次に2015年12月からのライン上にある旧上値抵抗帯1万6402円が強い下値抵抗支持帯になると解説。

 同証券のアナリストは「2兆円の売買代金をキープできれば1万7250円を抜けることは比較的容易であろう、1万7250円を抜いた後は1万7613円を試す展開へ」とリポートで紹介している。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均