市場ニュース

戻る
2016年07月22日14時05分

【市況】14時時点の日経平均は前日比240.01円安、ポケモン関連が大商い

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより

14時時点の日経平均は前日比240.01円安の16570.21円で推移している。後場ここまでの高値は13時19分の16647.30円、安値は12時39分の16600.95円。東証一部の売買代金は1.8兆円だが、任天堂<7974>が6000億円超と3分の1を占めている。一方、マザーズ市場の商いは670億円と前日比では増えそうな状況だが、1000億円には届かない見通し。

全市場の売買代金上位銘柄では、日経レバレッジ<1570>を除くと任天堂<7974>、マクドナルド<2702>が1位、2位にランクインしているほか、イマジカ<6879>、ハピネット<7552>も大商いとなっている。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均