市場ニュース

戻る
2016年07月21日11時01分

【材料】小野薬が急反落、厚生労働省が高額薬に適正投与指針と報道

小野薬 <日足> 「株探」多機能チャートより
 小野薬品工業<4528>が急反落。株価は一時、前日に比べ4%強下落している。21日付の日本経済新聞は「抗がん剤などの高額な画期的新薬の適正使用に乗り出す」と報じた。新薬は副作用もあり、医療費も高騰しがちなため、医師や医療機関に対して投与の適正化を促す、という。指針対象とする最初の新薬が、同社のがん免疫治療薬「オプジーボ」とされている。オプジーボは1人当たり年3500万円がかかるとも言われる超高額薬で、国家財政への負担も懸念視されていた。今後の展開次第ではオプジーボの売上高などに影響することなどが警戒された。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均