市場ニュース

戻る
2016年07月20日14時37分

【材料】国内調査機関はセブン&アイHD、ウェザーニューズ、良品計画、プレナスに注目

セブン&アイ <日足> 「株探」多機能チャートより
 TIWでは、円安が進んだのは、バーナンキ前FRB議長の来日によってヘリコプターマネー(政府が非市場性の永久債を発行し日銀が引き受ける)に関連する報道がされたことも一因と指摘。28~29日の日銀金融政策決定会合での緩和期待も大きいことから、円安トレンドが続きそうな気配と見ているものの、世界的な歪は解消されていないため、突発的な事件・事故は生じやすくなっているようにも見えると解説。

 注目銘柄として、セブン&アイ・ホールディングス<3382>、ウェザーニューズ<4825>、良品計画<7453>、プレナス<9945>を紹介している。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均