市場ニュース

戻る
2016年07月19日11時28分

【材料】タカラバイオ、国内大手証券は安定事業と成長事業がバランスよく拡大すると解説

タカラバイオ <日足> 「株探」多機能チャートより
 タカラバイオ<4974>が小幅反発。

 国内大手証券では、基礎研究用試薬を安定成長源とし、新規分野で成長が加速すると指摘。欧米での最先端試薬の拡販や診断薬メーカーへの販路拡大、日本での再生医療・遺伝子治療の受託サービス獲得が成長源になり株主価値向上が進むと予想し、安定事業と成長事業がバランスよく拡大すると解説。

 レーティング「バイ」、目標株価1700円でカバレッジを開始している。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均