市場ニュース

戻る
2016年07月15日10時40分

【材料】サンリオが反発、ホテルのフロント業務を担うヒト型ロボット普及モデルを生産へ

サンリオ <日足> 「株探」多機能チャートより
 サンリオ<8136>が反発。きょう付の日経産業新聞で、「子会社のココロ(東京都羽村市)は、ホテルのフロント業務を担うヒト型ロボットの普及モデルの生産に乗り出す」と報じられており、これを好材料視した買いが入っている。

 記事によると、価格をシステムと合わせて900万円からとし、従来の特注品に比べて半分程度に抑えたのが特徴で、16年度中に10体の販売を目指すとしている。タッチパネルやICカードリーダーと組み合わせて、宿泊客のチェックインやチェックアウトに対応するほか、ホテルの最寄り駅や観光スポット、コンビニや飲食店も案内するとしており、自動精算機では味気ないというニーズに対応するという。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均