市場ニュース

戻る
2016年07月13日13時24分

【材料】メガバンク---揃って買い優勢、全体株高に連動する動きへ

n 【日足】
多機能チャートへ
n 【日中足】


メガバンクは揃って買いが先行。外部環境の改善、政策期待の高まりなどを背景に、株式市場は本日も大幅続伸の展開になっており、市場連動性の高いメガバンクにも水準訂正の動きが継続している。海外投資家の資金流入観測が強まっていることも、需給面での支援材料としてプラス要因と捉えられている。マイナス金利幅拡大などの追加緩和策は警戒材料だが、銀行に対する支援措置なども想定されるところに。
《WA》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均