市場ニュース

戻る
2016年07月13日11時06分

【材料】ビックカメラが大幅続落、3-5月期(3Q)経常は14%減益

ビックカメラ 【日足】
多機能チャートへ
ビックカメラ 【日中足】

 12日、ビックカメラ <3048> が決算を発表。直近3ヵ月の実績である16年8月期第3四半期(3-5月期)の連結経常利益が前年同期比13.8%減の56.6億円に減ったことが売り材料視された。

 パソコンやカメラの販売が落ち込んだうえ、理美容家電や調理家電の伸び率が鈍化したことなどが響いた。

 なお、第3四半期累計(15年9月-16年5月)の同利益は前年同期比18.5%増の177億円に伸びて着地。対通期計画の進捗率は78.8%に達したものの、5年平均の83.1%を下回っており、計画達成を懸念する売りが向かった。

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均