市場ニュース

戻る
2016年07月12日14時17分

【材料】味の素、国内大手証券では海外食品部門の調味料・加工食品事業はこれまでのトレンドから大きなカイ離ないとみる

味の素 <日足> 「株探」多機能チャートより
 味の素<2802>が小動き。現在は前日終値2560円近辺で推移している。

 国内大手証券は、17年3月期以降の業績予想を下方修正したとリポートで紹介。円高のマイナス影響があるものの、ドル安が進んでいる点は国内事業において原材料安に繋がり、新興国ビジネスの大きい同社にとって、新興国通貨は相対的に安定していることから業績影響は比較的軽微であると指摘。海外食品部門の調味料・加工食品事業は17年3月期以降、現地通貨ベースで年率5%前後の増収が続くと見ており、これまでのトレンドから大きなカイ離はないだろうとの見解を示している。

 レーティングは「ニュートラル」を継続。目標株価は2800円へ2750円へ調整している。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均