市場ニュース

戻る
2016年07月12日09時53分

【材料】ローソンが年初来安値、第1四半期8.8%営業減益を嫌気

ローソン <日足> 「株探」多機能チャートより
 ローソン<2651>が反落、年初来安値を更新した。同社は11日の取引終了後、17年2月期の第1四半期(3~5月)連結決算を発表。営業総収入は1489億1100万円(前年同期比6.2%増)、営業利益は174億5100万円(同8.8%減)、純利益は88億2300万円(同14.3%増)と営業利益での減益を嫌気している。国内コンビニエンスストア事業ではプライベートブランド「ローソンセレクト」商品の拡充や、既存店舗の改装、広告販促費の積極投入などを進め、品揃え強化に取り組んでいるが、競争激化の影響や改装費などの負担増が圧迫した。

 通期業績は営業総収入6480億円(前期比11.1%増)、営業利益760億円(同4.8%増)、純利益355億円(同13.1%増)と従来見通しを据え置いた。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均