市場ニュース

戻る
2016年07月08日13時21分

【材料】NIPPO、国内大手証券では17年3月期はさほど大きな営業利益の落ち込みはないと予想

NIPPO <日足> 「株探」多機能チャートより
 NIPPO<1881>が3日続落。現在は今日の安値圏で推移している。

 大和証券は、17年3月期は、同社にとって厳しい期になりそうだが、さほど大きな営業利益の落ち込みはないと予想するとのリポートをリリース。17年3月期連結営業利益を390億円(前期比4%減、会社計画は367億円)と予想。減益幅が小さくとどまると見る理由として第一に、前期に評価損(推定20億円以上)を計上した開発事業の利益回復が見込まれること、第二に、地域子会社の受注増加が見込まれること、第三に、アスファルト合材の製造販売事業の利益増が見込まれることと説明。更なる原材料安による利益率改善も期待できるとみて、18年3月期も一部指名停止は残るものの、連結営業利益は430億円(前期比10%増)を予想。

 投資評価は「2」(アウトパフォーム)を継続。目標株価は2400円から2000円へ引き下げている。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均