市場ニュース

戻る
2016年07月08日11時39分

【材料】クミアイ化、国内大手証券は外部環境は改善に向かうと予想

クミアイ化 <日足> 「株探」多機能チャートより
 クミアイ化学工業<4996>が連日で年初来安値を更新。今日の安値圏で前場の取引を終えている。

 国内大手証券では、15年から2年継続している国内農薬の在庫調整の影響は、17年10月期に和らぐ可能性が高く、外部環境は改善に向かうと指摘。中長期的には、ピロキサスルホンの販売増加・収益改善も寄与するとの見方で、国内水稲用除草剤のシェアはやや低下しているものの、定期的な製品サイクルの一環で、長期視点での懸念は大きくないと解説。

 レーティング「バイ」を継続、目標株価は1230円から870円に引き下げている。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均