市場ニュース

戻る
2016年07月07日17時18分

【為替】外為サマリー:1ドル101円00銭台を回復、欧州株の堅調な動きが支援材料

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより
 7日の東京外国為替市場のドル円相場は、午後5時時点で1ドル=101円01銭前後と、前日午後5時時点に比べ4銭程度のドル高・円安で推移している。

 ドル円相場は、欧州時間に入り持ち直す動き。午後3時過ぎには100円60銭近辺まで値を下げる場面もあったが、その後は値ごろ感からの買いが優勢となっている。あすの米雇用統計の発表を前に積極的には動きにくい面はあるものの、ドイツやフランスの株式市場が堅調なスタートとなったことが支援材料となっているようだ。

 ユーロは対円で1ユーロ=111円74銭前後と同3銭程度のユーロ高・円安。対ドルでは1ユーロ=1.1062ドル前後とほぼ前日5時時点の水準で推移している。


出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均